髪は何故傷む?

お早うございます。

本日から業者がじ入りお店の解体作業が始まります。

37年間変わらずに過ごしてきましたが、新たな気持ちで感謝をこめながら見守りたいと思います。

髪の毛は簡単な事で、痛んだり枝毛になったりします。

髪には毛髄(もうずい)と言って、
人間で言う脊髄みたいなものがあります。


そしてその周りを皆さんも聞いた事のある、
キューティクルが保護しています。

キューティクルは、刺激や外的要因により簡単に、
開いたり、破損したりします。

シャンプーをする時にお湯で濡らしたり、プールや雨など髪を濡らす事で簡単にキューティクルが開いてしまいます。

無防備にさらされた事が原因で髪が傷みます。

この状態で質の良くないシャンプーやカラーなどを行うと、髪はボロボロになります。

また濡れた状態でのブラッシングはキューティクル同士を絡めて傷つけあうので、出来るだけ控える事が肝心です。

ドライヤーも完全に乾かすのではなく8割くらいの乾燥で、後は自然乾燥に任せる方が良いでしょう。

もしくは洗い流さないトリートメントを付けての乾燥なら問題がありません。

参考にしていただければと思います。