ドライヤーで髪が傷む?

お早うございます。

今日で5月もお終いですね。
早いもので5か月が過ぎてしまいました。

気持ちを入れ替えて頑張って働きたいと思います。


今回はドライヤーで髪が傷むについてお話しさせて頂きます。

普段の生活の中でドライヤーは欠かせないもので、特に髪の長い女性にとっては使用頻度が高いと思います。

とても便利なものですが使い方を間違えると、髪を傷める原因になります。

正しくはシャンプー後タオルドライをしっかりと行います。

本来は冷風で乾かす方が良いのですが、温風を使用する場合は髪から10㎝以上離し同じ場所に長く当てない。

髪が熱くなるまで温風を当ててしまうとキューティクルを損傷し、髪がパサパサニなってしまいます。

全体を乾かしたら少し湿り気があるくらいで止めましょう。

完全に乾かしてしまう事は髪の保湿を失われてしまいます。

また頭皮も保湿を無くしてしまうとフケやカユミなどの、頭皮トラブルになる可能性もあります。

適度な湿り気を残す事をお勧めします。

参考にしていただければと思います。