ブラッシングの危険性?

お早うございます。

今日は父の日ですね。

毎年のことですが父の日は、いつもよりチョッピリ高級なお酒が出てきます。

毎年大事に頂いています。

家族の心使いに感謝です!




今回はブラッシングの危険性についてお話しさせて頂きます。

髪の短い方はブラッシングを行う機会は少ないと思います。

髪の長い方は濡れた髪でのブラッシングはお止め下さい。

濡れた髪はキューティクルが無防備な状態なので、傷をつけたりキュティクルをはがしてしまいます。

またからんだ髪を無理やりブラッシングをする事で、脱毛させてしまう事もあります。

またブラシ自身にも問題がある可能性があります。

大体の人は同じブラシを長期にわたり使用します。

ブラシも髪や頭皮に触れる事で、殺菌を増やします。

せっかく綺麗にした髪も雑菌だらけのブラシで頭皮と髪を触る事は、頭皮トラブルにつながる可能性があります。

月に2回から3回はブラシを洗うなど、お手入れする事をお勧めします。

参考にしていただければと思います。