シリコンが髪に良くない訳。

お早うございます。

ここのところ夏の疲れのせいでしょうか、睡魔が襲う事があります。

夜の寝苦しさも原因かもしれませんが、特に食後が辛い事が多いです。

仕事をしていると大丈夫なのですが、時間が空くと厳しくなってしまいます。

5分くらいチョット寝をスッキリです。



今回はシリコンが髪に良くない訳についてお話しさせて頂きます。

今ではシリコンは生活の一部として定着しています。

シリコン素材の容器や塗料やワックスなど様々に使われています。

市販されているシャンプーのほとんどに、シリコンが入っています。

シリコン入りのシャンプーは使用後、つるつるの滑らかな髪になります。

理由はシリコンが髪に吸着しているので、からむことなく美髪にと変身します。

しかし一時的には良いかも知れませんが、髪に付着したシリコンは取れにくくシャンプーやブラッシングなどで、髪を守るキューティクルと一緒に剥がれ落ちます。

その結果、髪はやせ細り保湿の出来なくなった髪は、ガサガサになり髪を傷める原因になります。

長い目で見た時にはノンシリコンの物を使う事をお勧めします。

参考にしていただければと思います。