睡眠薬の危険性?

お早うございます。

昨日は帰り際に嫁さんから連絡が・・・

帰りにもやしと卵を買ってきてほしいとの事でした。

家に帰ると今日の夕飯はお好み焼きだと言うのです。

青のりと紅ショウガはとたずねると、な・ない!

それでも久々のお好み焼きは美味しかったです。




今回は睡眠薬の危険性についてお話しさせて頂きます。

眠りが浅い人で依存しやすいのがお酒と睡眠薬です。

お酒は簡単に言えば睡眠薬の代わりですね。

この場合も睡眠薬と同じで依存性が高くなります。

最初は弱めの睡眠薬を使用してぐっすりと眠れ、疲れがウソの様に取れます。

この感覚をしてしまうと毎日使用したくなります。

やがて軽い睡眠薬では効きが悪くなり、徐々に強くなって行き止められなくなり依存性が強くなってしまいます。

このように毎日使用するようになると薬の副作用で、体温が低下して行き免疫力が低下して行きます。

また効果が薄くなってくるためストレスがたまりやすくなり、返って脱毛の原因になるのです。

寝る前にお風呂に入るなどリラックスしてから寝る事をお勧めします。

参考にしていただければと思います。