カラーや毛染めはしないほうが良い?

お早うございます。

今朝は早起きして子供達の食事作りです。

朝食はカツサンドを作りテーブルに並べ、昼食用は生姜焼きを優美の段階から仕込んでいました。

朝はキャベツの千切りとお肉を炒めお昼は完成!

夕食用のミートソースは前の晩に作っていたので、朝火入れをして夕飯も準備としてはOK!

何とか仕事に間に合いホッとしています。




今回はカラーや毛染めはしないほうが良いについてお話しさせて頂きます。

薬剤の進歩は目覚ましく30年前の物とでは、劇薬度は低くなっています。

とは言っても劇薬である事には変わりはありません。

ではカラーや毛染めはしないほうが良いのか?

正直髪や頭皮を傷めないかと言うと物にもよりますが、傷むと考えて良いでしょう。

しかし昔と違いカラーも低刺激なものが出て来ています。

それだけでは無く頭皮を保護するジェルも出て来ています。

また敏感肌の方様に糖質で頭皮にバリアを作って、低刺激のカラーで染める方法もあります。

以前と違いカラーも低リスクになって来ています。

参考にしていただければと思います。